スポンサーリンク

もうすぐ陸上競技の日本選手権が始まる!多分、男子100mは過去最大のハイレベルになるし、日本記録も出るかもよ!


id=”出張で2日間体を動かせず”>出張で2日間体を動かせず・・・

今日は疲れすぎてジムはいけませんでした。

まぁたまには・・・

 

それよりももうすぐ日本選手権ですよ!

もうめっちゃ楽しみです!

 

www.jaaf.or.jp

 

「ナンバーワンしかいらない」とかカッコイイ。

f:id:supaiku4921:20190625222208j:plain

 

 

 もうすぐ日本陸上競技大会2019が開幕

今週末は陸上の日本選手権です。

日本選手権っていうのは、単純に陸上競技の各種目の今年の日本一を決める大会です。

当然、年間を通して一番レベルの高い大会です。

 

大体、その年の世界選手権(世界陸上)とか、オリンピックとかの代表を決める上でも最重要視されるし、実業団の選手なんかは結果が本当に進退に関わってきたりする訳です。

 

要するに一流の選手たちがガチのガチで勝負する大会な訳で、見る方は正直一番楽しい大会です。

 

この季節は、毎年仕事そっちのけ、という訳にはいかないけどかなり気になってしまう。

 

特に今年の結果は来年の東京オリンピックの出場もかかってくるから、皆目の色が違うんですよ。

 

そりゃー選手だったら東京オリンピックなんて死んでも出たいよね。

 

 

特に100mは注目!冗談抜きで歴代最高レベルの100mが観れる!

f:id:supaiku4921:20190625231629j:plain

特に100mはヤバい。

何がヤバいってレベルが高すぎ。

毎年、「過去最高レベル」とか言われてるけど、今年もさらに更新して過去最高です。

 

だって9秒台が二人いるからね。

 

僕が学生の時、日本記録は伊東浩二が出した10.00だった。

当時現役だった朝原選手とか、僕が大ファンだった末續慎吾選手とかが10.03とか10.02とかまで迫っても結局届かなかった9秒台。

 

それが今年は2人もいる。

短距離やってたヤツなら絶対テンション上がるよ!

 

 

一人は、今年日本記録を更新したサニブラウン・ハキーム

f:id:supaiku4921:20190625223749j:plain

 

結構有名人だよね?

ニュースとかも散々載ったし。

 

フロリダ大に留学中のハーフに選手だけど、アメリカのインカレにあたる大会なのかな?で9.97を出した。

 

本職は200mの選手で後半の伸びが凄い!

 

確か2年前の日本選手権は100mと200mで二冠獲ってて、去年は怪我で欠場だったと思う。

 

なんでも怪我で走れない時に肉体改造して強くなったらしい。

元々速かったけどね。

 

前回の世界選手権では、末續慎吾に続く200mで決勝進出してる。

 

日本人がスプリント種目で決勝に残るって凄い事だからね?

末續選手が200mで銅メダル獲った時は、中継リアルで観てて凄い興奮したの覚えてるな。

 

それに近い事を当時18歳でやったのがこの選手。

持ちタイムでも実績でも勢いでも優勝候補筆頭ですね!

 

 

もう一人は前日本記録保持者&日本人初の9秒台 桐生祥秀

f:id:supaiku4921:20190625224630j:plain

多分、こっちのほうが陸上やってない人でも知ってる人が多いと思う。

日本人初の9秒台に突入した桐生祥秀選手。

 

写真は東洋大時代の写真だけど、今は日本生命だね。

高校生の時に10.02出して注目されてから大学在学中に中々結果が出ない中、大学最後のレースで自己ベスト&日本記録&日本人初の9秒台突入!

 

僕みたいな素人が批評しちゃいけないんだけど、桐生選手は競り合うと弱いイメージが長い事あった。

 

ライバルの山縣選手は対照的に大舞台とか勝負に強い(多分、これは間違いなく強い)

から日本選手権とかで中々勝てなかったのが印象的。

 

代わりに競らないと速かったけどね。

リレーの3走とかめちゃ速かった。

5chではリレパウ効果とか言われてて失礼だけどちょっと面白かったな(笑)

 

リレパウ効果って言葉の意味は、ジャマイカの元100mせかい記録保持者のアサファ・パウエルが語源。

 

このパウエルって選手は独走の時はめちゃ速いんだけど、競り合うとすぐ固くなって失速する人で、「こんなに顕著に固くなるのか・・・」ってぐらいマジで固くなる。

 

半面、リレーの3走の時は、異次元の速さを見せる。

3走だとカーブで人とあんまり並ばないのに加えて、当時のジャマイカが超速かったからバトンが回ってくるときにそもそも競る国がなかったから。

 

桐生選手も正にそれで、独走とかリレーでは強いけどハイレベルな選手とフラットレースに出ると競り負けちゃうイメージ。

 

でも、今年の桐生選手はそんなイメージを払拭してくれそう。

 

9秒台こそないものの、10秒0台を連発しているし、今年のセイコーゴールデングランプリではジャスティン・ガトリンと最後まで競ってた。

0.01秒差で負けちゃったけど、今年の桐生選手は明らかに違う。

 

期待しちゃうよね。

 

 

山縣亮太選手の欠場は残念だけど…他にも有力選手も多い!!

 残念なのが山縣選手の欠場。

f:id:supaiku4921:20190625231017j:plain

去年のチャンピオンだし、個人的に一番好きな選手だった・・・

今年は気胸になってしまったらしく、欠場を表明している。

www3.nhk.or.jp

 

100mの安定感に定評があった選手で自己ベストも10.00。

しかも10.00を2回出してる。

間違いなく一番安定していて勝負強い選手だった。

3人の中で最年長だしね。

 

本当は三つ巴の戦いが観たかったね。

 

 

他にも紹介したい選手はいるけど・・・

 

明日早いから今日はここまで!

とりあえず、日本選手権終わるまで陸上の事ばっかり書いちゃうかも。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました